一戸建ての老朽化

ホームへ戻る >  金山杉にこだわった一戸建て  > 一戸建ての老朽化

徳島の気候風土は、太平洋側と瀬戸内側とでは、大きく様子が異なり、それぞれの気候風土を考慮した一戸建てが求められます。徳島は暖かい印象がありますが、山岳地帯なども多く、気候の変化や雨量にも注意が必要です。また、徳島は、台風の被害を受けやすく、一戸建てを立てる際には、そうした対策もとらなければなりません。


一般的に降水量が多く、温暖な徳島では、軒が大きく、屋根裏が造られることも多いようです。徳島の一戸建てについては、徳島産の杉の木が注目されています。価格や断熱性においても、杉は有効と考えられル為、徳島で一戸建てを予定されている方は、杉の家がおすすめです。厳しい自然環境や、独特な気候風土の徳島で一戸建てを建てる際には、より快適に住まう工夫が大切です。

また、徳島では過疎化が進んでいる地域があり、一戸建ての老朽化なども気になる問題です。徳島は、水もおいしく、自然も豊かな魅力溢れる土地柄です。地方の気候風土には、メリットとデメリットの両方が存在するものですが、長所を楽しみ、短所をフォローするような一戸建てが理想的ではないでしょうか。


最近は、輸入住宅など洋風住宅が注目されていますが、日本の伝統的な一戸建てには、それぞれの気候風土に密接した知恵と工夫の歴史が感じられます。