近年、日本の住宅は自然素材を用いた木の家が見直されています

ホームへ戻る >  金山杉にこだわった一戸建て  > 近年、日本の住宅は自然素材を用いた木の家が見直されています

最近の日本の住宅は、最新技術を駆使して進化していると共に、自然素材を用いた木の家が見直されています。シックハウスなど健康へ関心や知識がたかまったことや、やアレルギーなどの子供が増加していることも影響しているのではないでしょうか。自然素材である木の家は、体だけでなく、心の癒しにも効果があると思われます。


秋田で一戸建てを建てるなら、是非、秋田で生産された秋田杉を利用するとよいでしょう。木材による在来軸組工法なら、輸入住宅のような2×4構造とは違い、間取りや外観なども幅広い選択が可能であり、こだわりの一戸建てが実現するでしょう。秋田杉は、木目が美しく、年月がたっても落ち着いた色合いが魅力です。秋田県農林水産部でも、秋田杉による一戸建ての新築を奨励し、秋田杉の普及をすすめています。

日本は、高温多湿の特徴ある気候な為、昔からつくられていた木の家が適しています。秋田杉による一戸建ては、木の香りもよく、価格も手頃なのが魅力です。秋田杉は、耐久性にすぐれているので、丈夫な家作りには最適です。秋田県をはじめ、地元の工務店なども積極的に秋田杉の家に取り組んでおり、地域の経済活性化も期待出来るでしょう。興味のある方は、展示場へ足をはこんでみましょう。