豪雪地帯ならではの施工技術

ホームへ戻る >  気象傾向に合った家づくり  > 豪雪地帯ならではの施工技術

冬季オリンピック冬季オリンピックが開催された長野県では雪深い地域として知られています。


長野の工務店では豪雪地帯ならではの施工技術があるようです。湿度の多い雪の重さに耐えられるように長野県では地域によっても柱の太さ基準が違っています。


全国にある工務店には"寒冷地仕様"という工法がありますが、それぞれの地域に密着した地元長野の工務店だからこそ風土に合わせた一戸建てを自信をもって提供できるのだと思います。玄関の前に雪が積もって外にでられなかったり、日照時間が短く洗濯物が乾かなかったりなど、その土地特有の悩みがあります。

融雪設備やサンルーフの必要性は長野にお住まいの方でないと分からないことだと思います。積もった雪や屋根からの雪降ろしなどで一階部分が覆われてしまうこともあるそうで、一階を倉庫やビルトインガレージにしてコンクリートでつくり、温もりのある木造住宅を生活空間である二階、三階に建てる高床住宅も人気があるそうです。


地元の工務店に住宅建築を依頼するメリットは、住み始めてからの少しの不具合を無料で直してくれるところにあります。ロフト空間を作ったり、屋根裏部屋に窓をつけたり住んでみてからの願いやわがままを聞いてくれることも嬉しいサービスだと思います。