気象傾向に合った家づくり

ホームへ戻る > 気象傾向に合った家づくり

豪雪地帯ならではの施工技術
木にこだわりを持つ工務店
感性を刺激するセンスのある一戸建て
土地の風土を考慮し、昔ながらの木材を使用した家
後悔のない家づくり

山口県山口県の気候は、地域ごとの気象傾向に差があるといわれています。そのため、家を建てる場合には、その地域での気象傾向を踏まえた上で、暮らしやすい家づくりを考える必要があります。


ハウスメーカーや工務店によって、得意としていることに違いがあることをご存知でしょうか。山口県内を施工エリアとしている数ある会社の中から、自分が求めていることを得意としている会社を探すことは大変かもしれませんが、資料を見比べてみるなどして妥協せずに選びたいものです。

山口県内のどの地域に注文住宅を建てるかを決めたら、住宅展示会が開催されている時に見学してみると、パンフレットなどの資料だけではわかりにくいこともわかりやすいと思います。


また、実際にその地域に暮らしていらっしゃる方に聞いてみるのもいいかもしれません。ハウスメーカーとは違い、一般的に工務店は地域密着型の会社が多く、口コミでの紹介が多いので、施工や居住後にするメンテナンスをていねいにするといわれています。


そのため、工務店で家を建てる場合には、できるだけ建設地から近い会社を選ぶようにお勧めします。それぞれの会社によってのメリット・デメリットがあることも踏まえて、慎重に会社選びをしたいものです。